メニュー 閉じる

今回私のクラシック音楽に対する思いを記事にさせていただきたいと思います。

私はクラシック音楽に限らずにすべての音楽のジャンルが好きです。
しかし現代の音楽の基礎・基本になっているのはまぎれもなくクラシック音楽です。

ほんと単純に今の音楽にも昔のクラシック音楽のコード進行がそのまま使われているのも沢山ありますよね。
クラシックというと敷居が高そうとか敬遠するひとも多いかもしれませんがむしろ軽くなんでも聞いてみるといいと思います。

私はクラシック音楽の中でも好きなのはピアノの独奏の音楽です。
もちろんオーケストラなどの重奏のものもいいものは沢山ありますが、ピアノの独奏のものはとにかく演奏者の緊張感や感情がリアルに感じられていいです。

その中でも特に私の好きな作曲家はベートーヴェンです。

クラシックピアノの3大メジャーを私の独断で挙げるとするとショパン、リスト、ベートーヴェンであたりだと思うのですがその演奏家の曲を沢山聞いてみるとやはりベートーヴェンでが基本を築いていて、後のリストやショパンがその影響をふんだんに受けているというふうに感じます。

彼らの曲を聞けば聞くほどベートーヴェンでが基本的な旋律の進行を確立してその後のショパンやリストがメジャーにアレンジして曲を発表しているように思われてなりません。

ショパンやリストのピアノ曲はものすごく洗練されていて全くスキがなく綺麗な旋律でまさに完璧なものが多いですが、ベートーヴェンでのピアノ曲を聞いているときなどにふと「このフレーズはショパンのあの曲の原型かな」とか「リストのあのフレーズの限界だな」とか感じるものがすごく多いです。

ベートーヴェンでのピアノ曲は単純な旋律を繰り返したり少ない音だけで表現したりするものが比較的多いですが、なぜか頭から離れないフレーズが多いです。

ショパンやリストなどのピアノ曲は洗練されて綺麗なものが多いですがベートーヴェンでのピアノ曲は無骨な感情表現というか洗練という表現以外のものを感じます。
なにか心臓を鷲掴みされるような衝撃さえ感じます。

ピアノの演奏家で、どんなに難しいピアノ曲をこなしても最終的に「エリーゼのために」に回帰するということも聞いたことがあります。
そんな私も今日はエリーゼのためにを弾いてから眠ろうと思います。

クラシック音楽を聴いている人が少なくなってきているということを依然あるニュースサイトに書かれていました。

クラシックを聴いている人たちは、幼い頃から聴いていたりクラシックを演奏したりする人には問題なく聴いていると感じるのですが、クラシックの縁のない人々にとってはますます縁遠い世界になっているのも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です