メニュー 閉じる

その結果、便秘がちで悩んでいたのにつるるんと毎日快調

そのおかげか体重も2kgも減りました。
無駄な便がカラダの中にたまっていたんですねー。

不要なものがクリアになったおかげか、
仙台脱毛肌もぷるるんとキレイになったし、
体調もバッチリです。

カラダに水素の効果とメリット

  • 体のめぐりを良くして、ツルッと。ダイエットサポート
  • 肌悩み(ハリ・ツヤ・シミ)を改善
  • リラックス成分配合で、活性酸素対策
  • 桁違い!圧倒的な水素発生量(業界トップクラス1608ppm)

カラダに水素はいつ使うのが効果的?

おすすめの飲むタイミングは、「お出かけ前」
外に出ると、紫外線や電磁波、ストレスなどで活性酸素が増えてしまいます。
その前にカラダに水素を飲んでおくことで活性酸素の増加を防いでくれます。

1日2粒でお手軽ですね。
1袋に60粒=30日分が入っています。

カラダに水素はやっぱりおすすめ!口コミ集めてみました!

  • 水素水より手軽に水素が取れるのでよい
  • 大きさが1円玉くらいで飲みやすかった
  • 便通がよくなった気がする

カラダに水素はこんな人におすすめ!

  • 便秘で悩んでいる
  • いつまでも若々しくいたい
  • 肌トラブルが増えてきた
  • ストレスを多く抱えている

楽天市場でも購入できる?

残念ながら、楽天市場では販売していません。
公式サイトなら初回送料500円のみでお試しできるので、気になるならトライしてみてください。

昔の話である

今は、ヤマカズというと山田和樹を指すようだが、昔は、山田一雄を指していた。

シティ・フィルだったと思ったが、ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」を振った時の事、何と、力が入りすぎて、指揮台からステージの下へ落っこちてしまったことがある。

そのとき、ヤマカズさんはかなりのお歳であったが、すぐさま、まるで20代の若者のように指揮台に這い上がって指揮を続行したのには、頭が下がった。
オーケストラには、結構、こんな話が存在する。

トライアングルにビブラートをかけようと・・・

今度はNHK交響楽団のパーカッショニストの話だ。
ワーグナーの曲をある指揮者の下で練習していた時の事である。

そのパーカッショニストはトライアングルを1回鳴らすところがあるのだが、指揮者がこだわって、本番ではトライアングルにビブラートをかけてくれと無理難題を押し付けてきた。

勿論、そのパーカッショニストは、面子にかけても、本番にトライアングルにビブラートをかけなければならない。
というものの、実際にどうやってビブラートをかけるのか思い悩んでいた。

そして、本番。
彼はトライアングルを1回鳴らして、間髪入れずにトライアングルをうちわで扇ぎだしたのである。

ところが、その直後にメロディを吹くことになっていたチューバの人が、その様子を見て吹き出してしまって演奏ができないという事態が発生してしまった。

海外のコンサートでも数々のハプニングが!

海外では、プッチーニの歌劇「トスカ」でトスカがサンタンジェロ城から身を投げるところで、下にトランポリンが置いてあって、身を投げたはずのトスカが生き返ってしまったとかいう話も耳にしたことがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です